ディセンシアの保湿クリーム、「つつむ」をレビュー。口コミあり。

ディセンシアのシリーズの中でも、敏感肌を本来の肌に近づけながら美肌を目指す、「つつむ」はどのような使い心地なのでしょうか。

実際に14日間トライアルセットを試してみましたので、その保湿クリームの感想をご紹介します。

ディセンシアの保湿クリーム、つつむ

 

ディセンシアの「つつむ」を試してみる。

 

ディセンシア「つつむ」の特徴

敏感肌や乾燥肌、健常肌の違いに着目した保湿クリームの「つつむ」シリーズは、角層の状態を知ることを大切にしています。

角質層が荒れている敏感肌や乾燥肌の方は、外部刺激に弱いだけではなく、肌の水分も蒸発しやすい状態になっています。そこで、ディセンシア「つつむ」の名前の由来でもある発想は、ヴェールでつつみ込むという意味でもあります。

 

ディセンシアオリジナルの「ヴァイタサイクルヴェール」で、外部刺激から肌を守ると同時に、うるおいとみずみずしさを浸透させます。これが肌の生まれ変わりを促します。

「つつむ」の主要成分は、「ヒト型ナノセラミド」「ベントナイト」「アミノコンプレックス」です。

ヒト型ナノセラミド」は、人体とおなじ構造を持つナノサイズのセラミドです。浸透した際に、不足しがちで乱れたセラミドにパズルのようにハマって、角質のうるおいや保水サポートもします。

ベントナイト」は、鉱物ベントナイトとして知られている成分です。外部刺激をブロックし、バリア機能と保湿効果を高めて肌荒れの繰り返しを食い止めてくれる効果があります。

3つ目の「アミノコンプレックス」。乾燥肌に不足している天然保湿因子の約40%を占めるアミノ酸は、保湿成分には欠かせないものです。アミノ酸の中でも、リシンHCI、アルギニン、セリン、グリシン、アラニンを厳選し、デリケートな肌にも角質層の奥までしっかりうるおいへと導くものです。

この「アミノコンプレックス」は、肌に刺激を与えることもなく、肌に必要なバリア機能を修復していき、本来の肌の保湿力を戻して敏感肌や乾燥肌の元から考えられた基礎化粧品です。

 

ディセンシアつつむの使用感はどんな感じ?

保湿クリーム「つつむ」のトライアルセットでは、洗顔も重視した内容になっていました。洗顔料の使用感も一緒にご紹介しましょう。

つつむのクレンジングクリームは、肌のバリア機能を守りながらクレンジングをおこなえます。メイクに馴染ませるだけで、ポイントはすすぎ「6回」です。保湿を保った状態をキープするための回数です。

 

実際、クレンジングもつっぱらず、クリームで浮かせる感じです。洗顔料は、高保湿洗顔料(石鹸)。一緒にネットが入っているので、それでレモン1個分くらいの泡を作って洗顔しました。

弾力のある泡で指を使わず、泡で洗顔しているのが実感できました。また、コツとして、ぬるま湯がいいようです。

 

次は、本題のつつむの高保湿化粧液です。
適量は100円玉くらいを手のひらで馴染ませます。手のひらがピタッと吸いつくようになったら浸透のサインとのことで、ピタッとなるまでしっかり馴染ませました。でも、ベタつく感じではなく、本当に吸いつくような感じです。

 

そして、つつむの高保湿クリームは、適量はとても小さく、正直「この量で大丈夫なの?」と思うくらいで、真珠の玉1つ直径5ミリ強程度ですね。肌に抑えるように馴染ませます。

 

実感として、肌にフタをしている感じなのに、仕上りはするっとした肌触りに変わる感じです。

 

ディセンシア「つつむ」はこんな方におすすめ

「つつむ」は、保湿はもちろんですが、肌本来の役割を担ってくれる保湿クリームだと思います。特に敏感肌乾燥肌の方は、バリア機能の低下で肌荒れを起こしていることが考えられます。

肌にうるおいを与えるだけではなく、根本的な解決を求める方におすすめなのが、ディセンシアの保湿クリーム「つつむ」ではないでしょうか。敏感肌専門のブランドなので、安心して使用できるのもおすすめポイントの一つです。

ディセンシアの保湿クリーム、つつむ

 

使用上での注意点とは?

アヤナスも同じディセンシアブランドの商品で、その「アヤナス」のページでも説明している通り、オフィシャルのNGが「たたかないこすらない引っぱらない」です。

これは必ず守るようにしましょう。何よりも、肌本来の美しさを呼び覚ます(バリア機能の正常化など)が目的の基礎化粧品でもあるので、年齢肌も気になる方は、どこに焦点をおいて選ぶのかを見極めることも大切ですね。

また、アンチエイジング効果をより求めるのであれば、「つつむ」シリーズの中でも成分の高いものを使われるといいかもしれません。

また、ディセンシア「アヤナス」は、アンチエイジング効果の高い商品なので、そちらも同じブランドの中ではおすすめです。

 

その他の感想

ディセンシアの「つつむ」は、肌に無理矢理うるおいを与えるのではなく、導き出そうとする効果の高い保湿クリームだと思います。

肌が脱皮していくような変化に気付けるのではないでしょうか。14日とは言わず、もっと長いスパンで使ってみたいと思いました。

 

「つつむ」14日間トライアルセットは、1,470円(税込、送料無料)。

ts_00008

 

ディセンシアの「つつむ」を試してみる。

 

ディセンシア「つつむ」を実際に試された方の体験・口コミ!

体験・口コミ1:乾燥肌が改善したと感じるディセンシア「つつむ」の効果

❏何と、看護師さんに教えてもらったのが、このディセンシアの「つつむ」
わたしは現在41歳の専業主婦です。

もともと肌は乾燥肌であり、全身の肌が荒れやすい体質です。肌が荒れる部分は、角質がすこし厚くなったり、かゆみで赤みを帯びていることもあります。

でも体の部分は洋服で隠すこともできますし、肌荒れがあっても、色素沈着があっても何も気にならなかったのです。

しかしながら、一番気になるのは、顔でした。特に目の周りの皮膚が薄く、すぐにかゆみが出てしまうのです。最近はかゆみが出ても赤くならず、その部分が乾燥して色素沈着していることが一番の悩みでした。

保湿をしていても同じような状況だったので、どのように対処していいのか分からなかったのです。

それがある皮膚科で看護師さんに教えてもらったのが、このディセンシアのつつむだったのです。私は手荒れもひどく爪が変形するほどだったので、定期的に皮膚科にいって、薬をもらっていました。

その皮膚科の看護師さんに勧められたのがこのディセンシア。何でも、保湿力が優れているし、肌が敏感な人でも使用できること。また看護師さんも、つけた翌朝も保湿されていることを感じるほどだったので、凄くおすすめの保湿クリームということだったのです。

これまで敏感肌でも良いと言われる保湿クリームや美容液を試してみても、あまり効果を感じられることがなかったので、看護師さんからの話を聞いて、私も試してみようかなと思いました。

❏今では、本製品を購入して使っています。
わたしがまず購入したのは、つつむのトライアルセットです。これでまずは試してみようと思ったのですね。実際に初めてつけた時、とても伸びが良くて、びっくりしました。

また、これまで使用していた保湿クリームよりも肌への浸透がいいなあと感じたし、肌に膜が出来たような感じでまさにつつまれているという感触。

それでいて、皮膚呼吸は全然邪魔されないような感覚があったので、不快な感じはしませんでした。

翌朝肌の調子は、まず、いいと感じましたね。顔の肌の調子というよりも手で顔に塗ったので、手の調子がいいと感じたのです。変ですよね。手のかさつきが違うと思ったので、この保湿クリームを続けると顔もきっと良い効果が出るに違いないと思ったのです。

それからトライアルセットが使い終わり、本格的に購入をして肌のケアを始めましたね。それからあまり目もとのかさつき、かゆみが気にならなくなりました。以前に比べると潤っているのでしょうね。肌の少し柔らかくなったと感じました。

看護師さんのおすすめ通り、わたしには凄くあっていた保湿クリームだったと思うので、期待通りで良かったと思っています。

 

体験・口コミ2:以前使ったことがあるディセンシアで選びました

❏以前使ったことのあるディセンシア、確か、悪い印象はなかったので
40歳の主婦です。昼間は、エアコンの効いた部屋で事務作業をしています。

まず、なんでこの保湿クリームを使おうと思ったかと言いますと、以前ディセンシアのスキンケアのトライアルセットを使ったことがあるからなんです。

だい~ぶ前のことですし、他の保湿クリームもいくつも使ってきているので、このとき使ったディセンシアのことはそんなに覚えてなかったのですが、決して悪い印象はない保湿クリームでした(悪い印象の保湿クリームはしっかり覚えるので、その後使いたいとは思えない)。

というわけで、最近知った”つつむ”という名前の、保湿のためのクリームも使ってみようと思いました。

保湿がとても重要になってきていたので・・、はりが少なくなったしかさつきが気になるし、お肌に潤いが必要、潤いを意識して取り入れなければいけないと強く思うようになっていました。

というわけで保湿によさそうなクリームを探して、”つつむ”を見つけたというわけです。見つけたというより、以前購入したときからメール会員になっているので、そこで情報を見つけたのですが。

❏どっちにしようか、ディセンシアのつつむをリピートしてもいいんですが
部屋を整理したら、以前使ったディセンシアのトライアルセットのボトルが出てきました。これを見ると、当時使っていた感触がよみがえってきて、これから買おうとしている”つつむ”もいいに違いないという期待が高まりました。

そして”つつむ”(これもトライアルセットですが)、エアコンが効いた部屋で事務作業をしている40歳の私にも効果があるのか・・という実験のような気持ちで使いました。

この保湿クリーム”つつむ”を買う前に、実際に使った人達のブログ記事を読んでいて、これにしようと決めたキーワードがあります。それは”敏感肌”です。私は敏感肌ではないのですが、敏感肌の人におすすめできる保湿クリームだということは、そうでない人の肌にもいいだろうと思いました。

使い始めのときに感じたのは、変な香りがなくていいなということでした。香りにこだわるほうなので、他の人が気にならないような香りでも抵抗があります。そういうことがなかったです。

顔につけたときは、べとつかなくていい感触だと思いました。こういうこともとても気になるので・・。けっこうとろみがあるのでべとつくのではと思ったのですが、スーッと肌になじみます。

顔にていねいにつけたら、その直後だけじゃなく潤いが長く保てます。

くせがないので、この保湿クリーム”つつむ”をリピート使いしてもいいと思いました。使い続けていても疲れませんし、飽きません。と思いつつ別の保湿クリームも使ってみたいのですが・・、いいとわかっている保湿クリームを使い続けるほうが確実ですし・・、ちょっと迷っています。

 

「つつむ」14日間トライアルセットは、1,470円(税込、送料無料)。
ts_00008

ディセンシアの「つつむ」を試してみる。

 

保湿クリームランキングHOME

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ