ついついやってしまう、化粧水だけのケアと保湿の必要性!

夏は肌がテカりやすい、汗でベタつくなどの理由から、スキンケアを化粧水だけで済ませてしまうことがあります。

しかし、基礎化粧品のライン使いには、それなりの役割があって肌のケアをおこなっているんですね。見た目だけでは分かりにくいですが、夏にだって乳液、クリームの保湿は必要です。

ではなぜ化粧水だけではだめなのか、保湿の必要な理由も一緒に紹介しましょう。

 

化粧水と保湿

 

化粧水の役割は、あくまでも保水!

化粧水を顔いっぱいに十分過ぎる程の量を使ったとしても、それは保湿をしっかり行えたとは言えません。

それはなぜか!化粧水の役割は、あくまでも保水だからです。正常な肌に整えて、保湿成分の浸透をしやすくさせることです。つまり、保湿を十分行えるような準備段階の役割を担っていると言えるでしょう。

保湿は、その水分を保った肌を持続させることです。化粧水だけのスキンケアでは、せっかく保水した化粧水の水分が蒸発してしまい、意味がなくなってしまいます。

保水だけのスキンケアでは、一時的に水分が保たれたというだけなんですね。

 

化粧水だけで十分な保湿ができたように感じるのはなぜ?

夏は特に肌がしっとりしやすい季節、肌質によってはオイリー肌の方もいらっしゃいます。化粧水だけを使った肌でも、うるおった感じがするのはそのせいですね。

潤っていると感じているのは、肌の表面にある油分です。それは肌を守ってくれるものでもありますが、肌を守ろうとしているということは、肌に本来必要な水分が不足している部分を補おうとしているからなのです。

また、化粧水で保水をした後、蒸発する時に肌が本来持っている水分も一緒に蒸発していることもあるのです。過剰に蒸発してしまうと、乾燥肌の原因にもなります。

保湿ができているように感じるのは、失った水分を補おうと肌が出ている皮脂によるものです。これで保湿ができていると思って化粧水だけのスキンケアを行っていると、混合肌の原因、オイリー肌を助長する可能性もあります。

 

水分補給と油分のフタで完璧な保湿

上述のように、化粧水だけのスキンケアでは、保水効果しか期待できないことがわかります。また、本来肌が持っている水分も一緒に蒸発させることから、肌トラブルの原因にもなるということも理解していただけたでしょう。

以上から分かることは、化粧水だけのスキンケアは、肌にとってトラブルを招きやすくしてしまっていることです。

保湿を考えた時に大切なことは、化粧水で保水した水分をしっかり肌内部で維持することです。それには、乳液、クリームなどでフタをすることが正しい保湿だといえます。

他にも、このフタをすることで、保湿成分をしっかり肌の内側にまで浸透させてくれるんです。

化粧水にももちろん保湿成分が含まれますが、この化粧水で整えられた肌に、乳液、美容液、クリームも使うことが、より保湿の効果を高めることができるポイントです。

肌の保湿は、この水分と油分の両者があって成り立つものだ、ということを知っておきましょう。

 

保水力以外にもあった、化粧水の役割

化粧水は、保水を十分に果たしてくれるだけではなく、肌の角質層を整えてくれるという役割も持ちます。この役割が、その後に続く保湿のステップに重要なのです。

乳液、美容液、クリームなどは、肌の表面だけではなく、肌の奥まで浸透しフタをします。そのためにも、化粧水がしっかり地ならしのように肌を調整してくれていることは、とても大切なことなんですね。

また、万人に合う化粧水はありません。肌トラブルに合わせた化粧水を選ぶことで、肌のコンディションが変わってくることもあります。

ただ、肌をうるおすだけの保水という機能だけではなく、肌に合った化粧水で、ベストな肌に近づけるという役割も担っています。

 

化粧水にも「適量」というものがあります!

化粧水は、水分を十分に与えるために、洗顔後に使いたいものです。

例えば、洗顔料を使わないで洗顔を行った場合、皮脂や老廃物が肌に残っている可能性があり、それが油分のフタとなってしまいます。この状態で化粧水を使ったところで、保水効果は期待できません。

また、洗顔後に化粧水を使用する時、もったいないと思って少量で済ませてしまうと、肌の水分量が少なくなりすぎる場合があります。かと言って、多く使えばいいのかというと、そうでもありません。

一番おすすめしたい化粧水の適量を把握するために、まず、自分の手のひらで化粧水をなじませみましょう。乾燥した手の平では、適量をとったつもりでも手の平に水分を奪われてしまうことがあります。

実際に顔に化粧水をなじませる時には十分な量ではないのです。なので、一度手のひらで化粧水をなじませてから、記載されている化粧水の適量を取ってなじませると、保水の適量がわかります。

手の平に取るには、もう一つ理由があります。人肌まで化粧水の温度を近づけると、肌に浸透しやすくなります。これは、化粧水だけではなく、乳液、美容液、クリームなどでも使えるので、試してみてください。

 

まとめ

つい、化粧水だけで保湿を完了してしまうという方や、自分の肌は保湿で満たされていると勘違いしていた方も、化粧水だけだと保湿が十分でないということに気づいて頂けたのではないでしょうか。

保湿には、水分を満たすだけではなく、その水分を維持することが大切です。今まで化粧水だけだった方も、スキンケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

参考記事:

オイリー肌・ニキビ肌の方におすすめの保湿クリームランキング

アンチエイジングにおすすめの保湿クリームランキング

30代におすすめの保湿クリームランキング

乾燥肌の方におすすめの保湿クリームランキング

敏感肌の方におすすめの保湿クリームランキング