乾燥は肌トラブルの一番の原因!?保湿に必要な予防&改善方法!

「肌のトラブルを持っていない方はいない!」と言っても過言ではない位、多くの方が肌トラブルの悩みを持っています。

乾燥肌、敏感肌はもちろん、混合肌、オイリー肌なども根本の原因は乾燥。

お肌の乾燥を防ぐには保湿が必要不可欠ですが、やみくもに保湿をおこなっていても意味がありません。

ここでは、保湿と乾燥の予防、乾燥の改善方法を紹介していきましょう。

保湿と乾燥肌

 

保湿だけでは防ぎきれない乾燥の理由

「毎日規則正しいタイミングで保湿をおこなっているのに、なぜか肌の調子が良くならない。」

それは、肌のターンオーバーが正常に機能していないからかもしれません。

ターンオーバーとは?

新しい細胞は、表皮の一番下にある基底層で生まれ、通常、28日位をかけて上部の角質層へと上がっていき、最後は垢(あか)となって剥がれ落ちます。このサイクル・周期をターンオーバーと言います。

このターンオーバーは加齢とともに長くなり、40代になると約40日かかると言われています。

ターンオーバーが遅くなると古い角質が溜まって角層が厚くなり、くすみやシワの原因になります。同時に、角質細胞間の保湿成分が不足していきます。

このターンオーバーの乱れは、加齢だけが原因ではありません。若い方でも、不規則な生活食生活の乱れ運動不足などから、肌のターンオーバーの乱れが起こることもあります。

 

もう一つ、ターンオーバーと同時に押さえておきたいのが、お肌のバリア機能について。

お肌のバリア機能とは、厚さがわずか0.02mmと言われる角質層が潤いを蓄え、乾燥や外部の刺激から肌を守ること。

ターンオーバーが乱れ角質層の保湿成分が不足すると、このバリア機能が低下して肌が無防備な状態になってしまいます。当然、乾燥という外部刺激も入りやすい状態になってしまいます。

逆に、乾燥から肌を守ろうとして、バリア機能が過剰に反応してしまい、テカリやすい肌になってしまう場合もあります。これも保湿がうまくできていない症状の一つです。

 

つまり、肌自体がしっかり潤い乾燥にも強い状態になるには、正常なターンオーバーが必要です。

そうすれば、正常な肌に「保湿」というスキンケアを加えることによって、乾燥にも負けない強い健康な美肌を作ることができるでしょう。

保湿というスキンケアは、ターンオーバーが正常に機能している肌に対して効果が大きく期待できるものです。

単に、基礎化粧品の保湿だけで美肌効果を期待するのは難しいといえるでしょう。

 

睡眠不足・ストレスが乾燥を招く

日常生活の中にストレスを全く感じないという方は、少ないのではないでしょうか。

上述の様に、正常な肌は、一定の周期で再生を繰り返していきますが、ストレスなどで体に不調が表れると、ターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

そこから、「肌の乱れ」 -> 「バリア機能の低下」 -> 「外部刺激を受けやすくなる」のように、乾燥しやすい状況を作ってしまうのです。

睡眠不足でも同じことがいえます。

睡眠不足は、免疫力の低下をもたららす原因にもなります。免疫力が低下するということは、同時に新陳代謝も悪くなってしまいます。

肌のケアだけでいいのかと疑問を持って欲しいというのは、こういった生活習慣の乱れにもあります。

ストレスを溜め込まない」「しっかりとした睡眠」をまず心掛けたうえで、スキンケアを行なっていくと、より質の高い保湿が期待できます。

乾燥に強い肌を作っていくためには、単に「保湿」というスキンケアに注力するするだけでなく、いろいろな面から見つめ直すことが、良質な保湿の第一歩となります。

 

乾燥に負けない肌に!新陳代謝を上げるマッサージ

どんな保湿商品でも、お手入れの中にマッサージの工程があります。それは新陳代謝を上げることで、より保湿効果を高めることを目的としているからですね。

では、マッサージが、肌のターンオーバーとどのような関係があるのかを紹介しましょう。

まず、マッサージが新陳代謝を上げる理由を挙げてみます。

  • 顔だけではなく、デコルテラインや首には、リンパや血液の流れがある。
  • 血液は、栄養を運ぶ役割をしている。
  • リンパは、老廃物を運ぶ役割を持っているため、新陳代謝を上げる効果が期待できる。
  • マッサージを重ねると、老廃物が出て行く循環がスムーズになる。

マッサージは、各メーカーによって異なると思いますが、共通していえることは、マッサージは摩擦でおこなわないことです。こすり過ぎや長時間のマッサージは、肌にかえって負担になることがあります。

強くこすることや、肌に長時間のストレスを与えることは、新陳代謝を上げるというよりも、肌に悪影響を与えてしまいます。

良かれと思ってしているマッサージが、肌に逆効果になってしまわないように、摩擦を少なく短い時間でマッサージをしましょう。

ポイントとしては、仕上げのクリームを多く使うと、摩擦が肌への刺激になることも少なくなります。

 

乾燥がひどくなる?角質除去のやり過ぎ厳禁

ピーリング毛穴パックなど、古い角質を取るケアも、保湿前には効果的です。

乱れた角質層は乾燥の刺激をもたらすことにもなるので、自発的に落ちない角質に対してケアを行うことは、肌の正常な働きの手助けになるでしょう。

しかし、ピーリング系のケアは、間違うと必要な角質まで落としてしまう可能性があります。使用回数は説明書通りに、1週間のうち2~3回程度にして、軽く肌の上を擦る程度が望ましいです。

特に乾燥肌敏感肌の方はピーリングの回数、入っている成分などには気をつけましょう。

落とす必要のない角質を落とすことで、角質層は外部刺激を受けやすくなってしまいます。たくさん落としてしまった必要な角質は、保湿で元に戻るものではありません。

正常なターンオーバーの為にしたケアが、裏目に出てしまっては意味がありません。

しっかり、「自分の肌質」と「角質除去の商品」の相性なども見極めましょうね。

 

まとめ

乾燥は、肌トラブルの大きな原因になります。だからどうしても、保湿のみにフォーカスをおいてしまいがちになるんですね。

スキンケアはもちろんですが、乾燥に負けない肌環境を作ること、生活習慣の改善なども大切なことです。

様々な面から肌を乾燥から守ることで、効果の高い保湿ができると言えますね。

 

参考記事:

オイリー肌・ニキビ肌の方におすすめの保湿クリームランキング

アンチエイジングにおすすめの保湿クリームランキング

30代におすすめの保湿クリームランキング

乾燥肌の方におすすめの保湿クリームランキング

敏感肌の方におすすめの保湿クリームランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ