紫外線対策には、日焼け止めよりも【保湿】が非常に大切だった!

お肌を紫外線から守るために、多くの方が日焼け止めクリームを塗っていることでしょう。

保湿に影響を与える紫外線は、もちろんカットしたいものです。しかし、日焼け止めクリームよりも保湿を入念におこなう方が、お肌の為には良いということを意外とご存じ無い方が多いようです。

紫外線対策として、日焼け止めクリームばかりに気を取られ、保湿のことを忘れがちになっていませんか?

また、保湿がなぜ大切なのかも紹介していきましょう。

hoshitsu02w500

 

日焼け止めクリームは肌に負担?

まず、日焼け止めクリームとはどのようなものか、ある程度知っておく必要があるので、簡単に説明しましょう。

日焼け止めクリームには、紫外線吸収剤を使用したものと紫外線錯乱剤を使用したものがあります。

紫外線吸収剤は、その文字通り、肌に塗布した吸収剤自体が紫外線を吸収し、肌へ侵入していく紫外線を減らす役割を担います。

問題は、そこで使用される吸収剤の成分にあります。化学合成された成分を使用しているものが多く、その吸収剤自体が紫外線を取り込み化学反応が起き変化します。

この化学反応自体、肌への負担を極力抑えるように作られてはいますが、化学反応で変化してしまった物質が肌への刺激になる場合があります。

特に、敏感肌乾燥肌の方は要注意です。肌が荒れてしまって…といった経験のある方も多いのではないでしょうか。

一方の紫外線錯乱剤は、その文字通り、肌に塗布した錯乱剤が紫外線を反射させ、肌へ侵入していく紫外線を減らす役割を担います。

紫外線を跳ね返す成分が使用され、その成分は有機化合物ではないので、肌への負担が少なくてすみます。

また、紫外線吸収剤のような化学反応を利用したものではないため、効果が長持ちするというメリットがあります。

紫外線から肌を守るために日焼け止めクリームは必要なものです。しかし、肌への負担や影響を少なくし、肌の保湿を維持するためにも以下のことを守りましょう。

  • 日焼け止めクリームは、紫外線散乱剤の低刺激なものを選ぶ
  • 直射日光を浴びるような場合ではない限り、SPFPAはマックスの日焼け止めを使わない
  • 長時間使用する日焼け止めクリームは、低刺激+塗り直しをこまめにおこなう

上述のように、肌への刺激の少ない紫外線吸収剤フリー、アルコール不使用などの日焼け止めクリームを選ぶことで、肌の保湿を守ることができます。

また、日焼け止めクリームを塗る前には、必ず十分な保湿が必要です。

 

日焼け止めで乾燥肌になってしまうのはなぜ?

特に敏感肌乾燥肌の方は、日焼け止めクリームが肌の状態を悪くしてしまってしまうことがあります。

肌が正常なバリア機能を持たない敏感肌乾燥肌の方は、日焼け止めクリームによって、より肌の乾燥を招いてしまう可能性があります。

また、日焼け止めクリームは、肌の水分を奪いやすい特性も持っています。だからこそ、日焼け止めクリームの中にも敏感肌用、赤ちゃん用などと種類があるんですね。

肌が弱い方が最も気をつける必要があるのは、何よりも保湿なんです。保湿をおこない、肌を正常な状態に保つことで、日焼け止めクリームの刺激を受けても大丈夫な肌を作ることが大切です。

 

紫外線対策と保湿の関係とは?

保湿の出来ていない肌は、水分の蒸発や外部刺激から肌を守るバリア機能が低下している状態です。

外部刺激として、当然、紫外線も入ってきます。年齢と共にバリア機能が低下していくことで、紫外線のダメージを受けやすい肌になってしまいます。

バリア機能が正常な肌に比べると、肌のダメージは大きく違ってきます。まずは、保湿によってお肌を刺激から強く、健康にしバリア機能を高めることが大切です。

バリア機能が低下してしまった肌に、いくら日焼け止めクリームを塗ったところで、肌の乾燥に拍車をかけてしまうだけです。

保湿を行なうことは、紫外線のダメージから守るだけではなく、日焼け止めクリームでの乾燥を防ぐ効果もあるのです。

 

夏の保湿は面倒!でも肌を守る為には必須

日焼け止めクリームの成分で保湿効果の高いものと言っても、メインは日焼け止めで保湿はおまけのようなものです。しっかりターンオーバーのできる健康な肌なら問題がないかもしれませんが、乾燥肌、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

先述のとおり、「日焼け止めクリームは、乾燥しやすくなる」「乾燥した肌は、バリア機能が低下しやすい」という特徴があります。そういった面から見て、日焼け止めクリームを塗る前に、しっかり肌の奥まで保湿をすることが大切だと言えます。

ベタベタする、汗でしっとりするから保湿は重たい、そういった意見もありますが、夏の日差しの強い季節だからこそ、バリア機能を高めるためにも保湿をする価値があるのだと思いましょう。

もちろん、その保湿をしっかり行った上での日焼け止めクリームは、紫外線対策として◎です。乾燥を守り、紫外線から肌を守ることで入念な対策ができ、それだけ効果も期待できるでしょう。

 

日焼け後の保湿はどうするの?

どれだけしっかり紫外線対策をしていても、日焼けをしてしまうこともあります。また、日中表に出ることが多くなってしまうと、紫外線対策をしていても影響は出るでしょう。

理想的なのは、メイクを落として洗顔をした上での保湿ですが、お化粧直しや、タオルドライなどの後でも大丈夫です。

まず、紫外線のダメージを受けた肌は乾燥しています。しっかり保水をしてあげることが大切です。化粧水でしっかり水分を補給してあげましょう。

クールダウンという言葉がありますが、しっかり保水することで、肌の火照りを抑えることができます。火照ってしまっている場合は化粧水を少し冷やすといいですね。

そうでない場合は、常温の状態で保水をおこないます。その後に、乳液、クリームで保湿をしましょう。

日焼けの状態によっては、しみることがあるかもしれません。そういった場合には、1ステップ省いても問題ありません。

大事なのは、その後の生活の中で、毎日の保湿をしっかりおこなうことです。早い段階から保湿対策を行うことで肌へのダメージを最小限にしましょう。

 

まとめ

日焼け止めをどれだけ効果の高いものにするのかということよりも、「保湿のタイミングや必要性を考えることのほうが大事だ!」ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

保湿は紫外線対策には欠かせないものと思って、スキンケアをするようにすれば、陽射しも怖くないですよね!

 

参考記事:

オイリー肌・ニキビ肌の方におすすめの保湿クリームランキング

アンチエイジングにおすすめの保湿クリームランキング

30代におすすめの保湿クリームランキング

乾燥肌の方におすすめの保湿クリームランキング

敏感肌の方におすすめの保湿クリームランキング