保湿効果の高い成分とその特徴をご紹介しましょう!

保湿成分と言っても種類は数多く存在します。一つの保湿クリームの中に何種類もの成分が入っていることもありますよね。

しかし、その成分それぞれに役割があり、効果も違ったものになることをご存じでしょうか。

ここでは代表的な保湿成分を挙げて紹介していきましょう。

 

セラミドの保湿成分と特徴

下の図は、肌表面の皮膚の構造を示したものですが、肌表面の一番近いところに角質層というのがあります。

厚さはわずか0.02mm程のとても薄い層ですが、実は、この角質層が「バリア機能」というとても重要な役割を担っています。

紫外線や外部の乾燥から肌を守ったり、肌内部の潤いを逃さないように保護したりという、とても重要な層なんですよ。

乾燥肌敏感肌の方は、この角質層がうまく機能していない可能性が大。

角質層の役目。バリア機能と内部保湿

そしてセラミドは、この肌表面に一番近い角質層に含まれます。細胞の間でスポンジのように水分、油分を持っている存在で、肌のうるおいに欠かせない成分です。

セラミドが不足している角質層は、上記のバリア機能が正常に機能していないと言えるでしょう。

例えば、肌の老化や乾燥から起こる肌のカサつき、肌荒れなどでは、セラミドが不足していると言えるでしょう。アトピー性皮膚炎をお持ちの方や乾燥肌の方は、はじめからセラミドが少ない体質の方もいらっしゃいます。

セラミドは、化粧品等で補充することができます。
また、最近では、「自らセラミドを作り出す力を活性化させる!」という新しいアプローチももった化粧品も誕生してきています。

セラミドのさらに詳しい情報は、「保湿に欠かせないセラミド。乾燥肌・敏感肌の方は要チェック!」をご覧ください。

 

ヒアルロン酸の保湿成分と特徴

ヒアルロン酸は、結合組織を構成する成分で、皮膚、眼球、関節などに多く含まれています。保水、弾力を必要とする体の部分に必要な物質ですね。

実はヒアルロン酸は、人間の体の中でも非常に多く存在する成分でもあります。

肌のヒアルロン酸は、角質層、基底層、真皮層という構造の中で一番大切な真皮に多く含まれるのも特徴です。

皮膚に十分なヒアルロン酸があれば、肌はみずみずしさとしなやかさを保つことが出来ますが、年齢を重ねるにつれ減少していきます。

肌内のヒアルロン酸の量を0~20歳までを100とした場合、30歳まででは約70%、50歳まででは約40%、60歳まででは約25%まで減ってしまいます。

(出典:森永乳業アロエステロール研究所HPより)

ヒアルロン酸が減ることで水分維持ができなくなり、シワ、たるみなど肌の老化が生じてしまいます。保湿成分でも真皮に働くヒアルロン酸は、年齢を重ねれば重ねるほど多く摂りたい保湿成分でもあるでしょう。

 

コラーゲンの保湿成分と特徴

コラーゲンは、タンパク質の一種であり、体内のタンパク質の約3割を占めている成分です。体内でコラーゲンの生成を行なう部分の約40%は皮膚にあり、その他は骨や軟骨、血管や内臓など全体に存在する成分でもあります。

コラーゲンは、細胞同士を結びつけるのが特徴で、支持組織と呼ばれる組織としても大切な役割をおこないます。コラーゲンは、体内から他の組織を支え、細胞や組織を結びつけ、外との境界を作る働きをしているのです。

皮膚では、コラーゲン同士が結び付くことでできる弾力の強いコラーゲン繊維が形成されています。

体内のコラーゲン量は、20歳をピークに年齢とともに減少すると言われています。また、保湿成分を正常に保つ為に、コラーゲン自体も新陳代謝を繰り返しているのですが、年齢を重ねるに連れその新陳代謝も衰えていきます。

20歳に比べ60歳では約75%まで減少すると言われています。

(出典:森永乳業アロエステロール研究所HPより)

 

コラーゲンの質も低下することもあり、硬くなりやすく分解されにくいコラーゲンが増えてきます。すると、コラーゲンの代謝が落ち、新しいコラーゲンが作られるまで時間がかかってしまいます。それが原因で肌のハリが失われることもあります。

コラーゲンは、真皮の部分に含まれており、真皮全体の約70%を占めます。エラスチン、ヒアルロン酸と一緒に肌の内部からハリ、弾力を保つ保湿成分です。

しかし、年齢を重ねると分解や新陳代謝の低下で肌のハリや弾力が無くなってきます。コラーゲンの成分を摂取することで、体内のコラーゲンが活発になり、肌に弾力やハリを与えてくれる効果が期待できます。

 

ベントナイトの保湿成分の特徴

あまり聞き馴染みのない保湿成分でもあるベントナイトですが、モンモリロナイトという珪酸塩鉱物を主成分とする天然粘土鉱物のことをいいます。普段使うゲル状のクリームやパックなどに用いられることの多い保湿成分です。

吸収性が高いのが特徴で、肌になじませると余分な皮脂を除去する働きがあります。上述の成分とは違い、肌内部で作られている保湿成分ではないという部分もありますね。

ベントナイトの優秀な特徴として、優れた吸水性、吸着性により、肌の汚れを除去することができます。ベントナイト単体で配合されている商品の場合、皮脂を吸収する働きに期待があります。余分な汚れを除去することで肌の劣化を防ぐのに効果的です。

また、外部刺激からブロックするベントナイトは、小さな板状の構造をしています。それが肌の表面に密着することで、肌にヴェールを掛けるようなバリア機能を発揮してくれます。

敏感肌の方など、外部刺激からしっかりガードしてくれる効果があります。

これらの効果に有効成分を配合することで、保湿成分プラスバリア機能を持つ成分となります。長所同士が掛けあわせられることで、使い続けるほどに肌本来の力もアップさせることができます。

また、肌荒れも抑える効果も期待できる保湿成分となります。

 

まとめ

いかがでしたか?

保湿成分と言っても様々な働きを持つ成分がありますね。また、自分に合った保湿成分を見つけることも大切です。

種類や特徴を知ることで自分に合った保湿ができると肌も見違えるようになるのではないでしょうか。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ