市販されている子供向け保湿クリームの選び方とランキング

すぐにカサカサしやすい子供の肌。すぐに治るから・・と、ついほったらかしにしていませんか?

ここでは、子供の肌が乾燥しやすいその理由や、保湿クリーム選びで知っておきたいこと、赤ちゃんやこどもの肌におすすめの市販保湿クリームについてランキング形式でまとめてみました!

 

子供の肌が乾燥しやすい2つの理由

子供の肌はみずみずしくてスベスベ。あんな肌になりたい!とついつい思ってしまいます。

実は、子供の肌は、大人の肌より乾燥しやすくてとてもデリケート。放っておくと、「はたけ」などの皮膚炎につながる可能性も。

どうしてこどもの肌は乾燥しやすいんでしょうか?

 

角質層が薄い

子供の肌は、バリア機能が不十分です。大きくなった人の肌には角質層があり、それがバリア機能となって外からの有害物質やホコリ、汚れなどから肌を守っています。

この角質層、子供の場合は、大人の2分の1から3分の1ほどの厚さしかありません。外部からの刺激にとても敏感ということなんです。

バリア機能が不足していると、肌の水分も蒸発しやすくなるので、乾燥もしやすくなります。

 

皮脂量が少ない

人の皮脂の量は、思春期を境に一気に増えます。思春期を迎えてない子供の皮脂量はとても少なく、乾燥しやすいんです。

子供は、よく肌がかゆくなりがち。それはバリア機能皮脂が不足しているため、ちょっとしたことで刺激を感じやすくなっているためなんですね。

 

子供におすすめの保湿クリーム選び方3つのポイント

大人よりも乾燥しやすく肌荒れしやすい子供の肌は、保湿クリームでケアしてあげましょう。

赤ちゃんや子供におすすめの保湿クリームの選び方のポイントは3つです。

  • 無添加・低刺激のもの
  • 持続性があるもの
  • 成分がシンプルなもの

赤ちゃんや子供向けの保湿クリームを選ぶ時は、無添加低刺激のものを選びましょう。香料・着色料・防腐剤などの添加物が肌に負担をかけることもあります。

また、汗かきで活動量の多い子供には、持ちがいいクリームのほうがベターです。何度もぬり直すのは手間ですし、ぬる時にこすることで摩擦が刺激となってしまいます。

クリームのタイプには、保湿成分で潤いを与えるものや、ワセリンのように肌に作用せず保護するだけのものなどがあります。

大人用のコスメでもそうですが、保湿成分が豊富だと効きそうな感じがします。でも中身がシンプルなほうがいい場合もあるんです。

デリケートな肌のお子さんや、肌荒れがひどい時は、保湿成分が刺激になることもあります。そんな時は、ワセリンなどのシンプルケアが無難です。

お子さんの肌タイプやコンディションに合わせて使い分けてみましょう。

 

子供向けにおすすめの保湿クリームランキング

子供にも使える保湿クリームを厳選。

ネット上での評判を参考にランキングしました(評価の高い順)!

ご注意)商品ごとに掲載されている口コミは、個人的な感想を述べたものであり、内容を保証するものではありません。予めご了承ください。

ファムズベビー/ファムズ

85g 2,592円(税込)

母子手帳副読本にも掲載されている「ファムズベビー」。

新生児・赤ちゃんから敏感肌の女性まで、幅広く愛されている超低刺激のスキンケアです。泡なので、こすらずそっと肌に浸透するやさしさです。

バリア機能を保護して保湿し、自然治癒力をサポートして肌トラブルも改善します。汗をかいたり衣類についても取れないので、何度も塗り直す必要がありません(持続時間は8時間)。

あせも予防にも使えます。香料・着色料・パラベン不使用

口コミ:

30歳:
子供と一緒に使ってます。ベタつかず、でもしっかりバリアしてくれています。化粧下地としてもいいみたいなので今度試してみます。乾燥する季節に重宝しそうです。

34歳:
子どもと自分用に購入しました。
保湿クリームなのにベタつきがありません。でもしっかりバリアしてくれて潤いを閉じ込めてくれます。化粧下地にも使えるみたいですね。

31歳:
こちらの商品、ママだけでなく、赤ちゃんにも使えますよ!
新生児や乳幼児は、とにかくお肌が敏感なので一緒に使えるので楽です!

25歳:
子供がアトピーなので試しに購入してみました。
すごい!保湿力が良いのか、おかげで掻きむしることが減ってきました。

公式サイトは、こちら

 

白色ワセリン

30g 322円(税込/参考価格)

傷の治療にも使われ、皮膚科でも処方される医薬品の一つです。薬剤師がいる薬局やドラッグストアで購入できます。

市販クリームの中には、界面活性剤など肌に良くない物が入っているものもあります。ワセリンは、肌に膜を作り保護するだけなので、肌に負担をかけません。

伸びが悪いのが難点ですが、手の温度でしばらく温めるとのびがよくなります。小堺製薬をはじめ、様々な製薬会社から販売されています。

口コミ:

29歳:
こどもの肌がカサカサで保育園の先生にすすめられ購入しました。最初はベタベタしますが、しばらくするとなじんでしっとりします。市販のローションよりはるかに効果があると思います。

31歳:
赤ちゃん用として購入しましたが、家族全員で使っています。
無駄な香りなどが無いので、赤ちゃんにも安心して使える商品です。

36歳:
生後半年の娘がよだれでかぶれてしまい、病院で処方してもらいました。
私も顔・手・足が乾燥していたので使ってみましたが、お陰でだいぶ改善されました。
もちろん、娘の肌も改善されましたよ。

40歳:
このワセリンは、子供の肌ケア用として使っています。アトピー体質なんですね。
子供の場合、お風呂上がりに体の水分を拭き取らずにそのままワセリンをたっぷり塗っています。お陰で翌朝、お肌はモッチリです。

公式サイトは、こちら

 

ユースキンSミッフィークリーム/ユースキン

35g 500円(税込/参考価格)

「ミッフィークリーム」と子供から大人まで愛されている、こちらも人気の保湿クリームです。

ユースキンSは、乾燥肌敏感肌用シリーズで、無香料・無着色・低刺激なので、肌が弱いお子さんにもおすすめです。

シソの葉エキスの他、潤い成分がカサカサしがちな肌をやさしく保湿。のびがよくサラッとしているので、こまめに塗り直すのにも便利です。

口コミ:

30歳:
病院でヒルドイドを処方されるほど肌の弱い子でしたが、今はこちらで落ち着いてます。「ミッフィー塗る!」と自分から言って使ってます。

32歳:
3歳の子供用、そして自分用にと思って購入しました。ベタつきがなくさらっとしていて良い商品です。
アトピー肌で敏感肌な子供にも使っていますが、肌荒れなどはナイです。

公式サイトは、こちら

 

ニベア/花王ニベア

169g 500円(税込/参考価格)

定番中の定番といえる人気の保湿クリームですね。

うるおい成分スクワランホホバオイルが配合され、乾燥から肌を守ってくれます。お値段もお手頃なので普段使いにピッタリです。

お風呂上りやお休み前の習慣として常備しておきたいクリームです。携帯に便利な56g入缶やチューブ入り(50g)もあります。

口コミ:

32歳:
既に4個目です。こどもと毎晩塗りあいっこするのが習慣になっています。こちらの商品、子供にも問題なく使えてます。肘や膝の他、妊娠線予防の保湿にも使ってます。

25歳:
私はもちろん、4歳の息子と0歳の赤ちゃんにも使っています。息子はボディと顔、赤ちゃんは今までのベビークリームが顔に合わなかったのですが、こちらのニベアに代えてから問題なく使えています。

とにかく、コスパが良いので重宝しています。

43歳:
保湿は全く問題ありません。
変な香料も配合されていないようですので、塗ったあとの不快感もありません。

「子供も使える」という点に安心感が一番ある商品かもしれません。肌に優しいってことですよね。

公式サイトは、こちら

 

まとめ

肌がきれいでトラブルなんて無縁に見えるこどもの肌。でも、実際は、トラブルを起こしやすい肌なんです。

保湿クリームでのケアを習慣にして、トラブル知らずの肌にしてあげましょう。

また、熱いお湯に長時間つからない、石鹸でゴシゴシ洗わない、などの習慣も大切ですよ。

関連記事:

メンズにおすすめしたい保湿クリーム。女性の肌との違いは!

ボディケアの保湿クリームは○○で選ぶ!おすすめ市販クリーム5選