潤いとハリのある肌作りの基本は清潔!クレンジングと洗顔を見直してみよう

クレンジングは、メイクアップ料などの油性の汚れを落とすこと。洗顔は、汗や皮脂、古い角質など水性の汚れを落とすことに特化したお肌のクリーニングです。

一方、保湿とは、私達のお肌の一番外側にある角質層並びに表皮と呼ばれる層の潤いを保つこと。

クレンジング」「洗顔」と「保湿」。

これらには、一見、直接の関係が無いように思えますが、実は、潤いとハリのある健やかなお肌作りには、クレンジングや洗顔という、スキンケアの最初のステップから気を配っておくことがとても大切なんですね。

そして、重要なことは、クレンジングや洗顔で、「清潔」なお肌をキープすることです。

ここでは、「クレンジング」「洗顔」と「保湿」の関係を見ていきたいと思います。

 

hoshitu03w350

保湿の大前提は、清潔な肌!

スキンケアの最初のステップであるクレンジング洗顔は、メイクアップ料や汗、ほこり、脂質などの汚れを落とし、キレイなお肌を取り戻すことが目的です。

これらスキンケアの最初のステップがいい加減だと、メイクアップ料や汚れが肌に残ってしまい、その後の工程の化粧水・美容液・クリーム等に含まれる保湿成分や美容成分がうまく浸透してくれません。

化粧水や美容液、クリーム等に含まれる美肌成分を効率よく浸透させるためにも、クレンジングや洗顔はしっかり行うようにしましょう。

クレンジングと洗顔で清潔な肌へ!スキンケアは、ここからスタートです。

でも、メイクや汚れをしっかり落とすのって、意外と難しんですよ。敏感肌や乾燥肌の方は尚更です。

 

クレンジングでメイクは落とせている?

メイクをしている方に欠かせないのがクレンジング。水で洗っても落ちない油性のメイクアップ料を落とすには、クレンジング料を使用したこのステップを無視する訳には行きません。

油性のメイクアップ料を落とす訳ですから、当然、クレンジング料には、油分界面活性剤などが含まれています。

油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには、どうしても油分が必要ですし、洗い流す際の水と油分をなじませる橋渡し役として、界面活性剤が必要になります。

クレンジン料にもいろいろ種類があって、メイクの落ち具合(洗浄力)が変わってきます。肌への刺激も違ってきます。

肌の弱い方や敏感肌・乾燥肌の方は、クレンジング選びには細心の注意を払う必要があります。

クレンジングを選ぶ際に気をつけることは、やはり「洗浄力が強すぎないもの」「肌に優しいクレンジング」を選ぶこと。

洗浄力が強いと、どうしても肌への刺激が強くなってしまうので、「洗浄力が強すぎないクレンジング料」を選ぶことになりますが、これは、濃いメイクや毛穴まで詰まったメイクの汚れ、ウォータープルーフタイプのアイメイクなどが、しっかり落とせない可能性もあることになります。

肌に優しいクレンジング」というのも、メイク落としとしては、油分を落とす効果が弱くなってしまいます。

選び方を誤ってしまうと、本来の目的であるメイク落としがうまくいかず、毛穴の汚れを残したまま次の洗顔の工程に入ってしまいます。

清潔な肌を取り戻すためのクレンジングが、しっかりとした役割を果たしてくれていない可能性もあるということです。

 

清潔さを取り戻すクレンジング

そこで重要なのが、クレンジング料の選び方と使い方。

クレンジング料にも色々なタイプや種類がありますので、自分の肌に合ったものを選びましょう。また、クレンジングの仕方を少し工夫するだけで、肌への負担を最小限に抑えることが出来るんですよ。

 

クレンジング料の選び方

まず、クレンジングでポイントとなるのは、クレンジング料の選び方。

選びたいのは、洗浄力をしっかり持っていながらも低刺激であること。

下記の「クリームタイプ」のものがおすすめと言えるでしょう。

オイルタイプ:界面活性剤を多く含むが、サラッと簡単に落とせますが、その分、肌ダメージは大きいようです。メイクの濃い日だけに限定するといった、使い方の工夫が必要。

ジェルタイプ:乳化していない透明のジェルタイプは、界面活性剤が多く、肌への負担が大きい。クリームのような乳白色タイプであれば○。

クリームタイプ:適度な油分を含み、肌への優しさと洗浄力を兼ね備える。おすすめのタイプ。

ミルクタイプ:肌には優しいと言えるが、洗浄料はいまひとつ。薄づきメイクの方向け。

 

また、クレンジング料の選び方以外にも、ちょっとした使い方次第で肌に優しいクレンジングを行うことが出来ます。例えば…

クレンジングを使い分ける

アイメイクをしっかりした場合、オイルタイプのクレンジングをポイントにだけ使用します。それだけでも、肌への負担は軽減されます。それ以外の部分には、肌に優しいクレンジングを使うというのがいいでしょう。

つまり、クレンジングを使い分けるということですね。あくまで、しっかりお化粧をされた場合という話になりますが、清潔な肌に導くためには、2つのクレンジング使いもアリです。

 

出来るだけ短い時間で

また、クレンジングは、肌への負担が大きくなるステップでもあります。清潔な肌に導くために、できるだけ肌にのせている時間を短くすることをおすすめします。

 

ぬるま湯やお湯を使う

クレンジングを行う際には、ぬるま湯や人肌程度の温度のお湯がいいですね。保湿成分配合のクレンジングを使うことで、肌への刺激を軽減しながら、しっかり落とすこともできます。

 

洗顔での洗い残しは保湿の妨げになる

クレンジングが終われば、次は、「洗顔」です。

洗顔は、スキンケアの基本中の基本ですが、これが意外にできていない方が多いようです。

洗顔は、クレンジングで落としきれなかったメイクの残りや、肌の老廃物や汚れを落とす工程になります。

保湿には、この「洗顔」の工程が一番大切なんです。

清潔な肌と保湿がなぜそんなに深く関わるのかというと、正しい洗顔ができていないと、必然的に正しい保湿ができないからです。メイクや汚れが残って毛穴に残っているために、洗顔後の保湿の浸透がうまくいかない、という方もそれが原因です。

清潔な肌へ導けていない洗顔では、メイクや汚れ、老廃物を残しているというだけではなく、逆に、必要な皮脂まで落としてしまっているという可能性もあります。

肌のコンディションが整えられないまま、いくら保湿をしようとしても、しっかりとした効果が得られるわけがありませんよね。

洗顔をおこなう際は、メイク汚れ、老廃物を洗い流すこと、そして必要な皮脂まで洗い過ぎないことが清潔な洗顔と言えます。

 

無駄のない洗顔から清潔な肌で保湿

洗い残しのない洗顔、洗いすぎない洗顔というのが、無駄のない清潔な洗顔と言えます。

よく耳にすると思いますが、洗顔は、キメの細かい泡、指や手のひらではなく泡のみで洗顔を行うことがとても重要です。そうすることで、保湿成分が肌の内部までしっかり浸透してくれます。

逆に、肌に浸透していないと思う方は、それまでの過程で清潔な肌に導けていないということになります。

表面上は綺麗な肌になっていても、保湿がうまくいかないという方、浸透している実感のない方は、洗顔の方法は間違っていないのか、清潔な肌にリセットできているのかということを確認するといいでしょう。

 

切っても切り離せない清潔と保湿

清潔な肌へと導くことで、肌のターンオーバーにも良い影響を与えます。そうすれば、保湿もしっかりできるようになります。

しかし、これが逆の場合、肌は乱れ、保湿は肌の奥まで浸透せずに、ターンオーバーも正常な働きをしないという結果になってしまいます。まさに悪循環です。

どちらかを間違えば、影響が必ず出ると言っていいでしょう。そうならない為にも、保湿だけに重点を置くのではなく、清潔な肌を常に意識することが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

保湿」という部分ばかりに意識をとられて、保湿の土台でもある清潔な肌を忘れてはいないでしょうか?

是非、皆さんも肌の保湿と清潔を一緒にケアするように美肌を作っていきましょう。

 

参考記事:

オイリー肌・ニキビ肌の方におすすめの保湿クリームランキング

アンチエイジングにおすすめの保湿クリームランキング

30代におすすめの保湿クリームランキング

乾燥肌の方におすすめの保湿クリームランキング

敏感肌の方におすすめの保湿クリームランキング