保湿に欠かせないセラミド。乾燥肌・敏感肌の方は要チェック!

最近、「セラミド」という言葉を良く耳にします。

セラミドは保湿成分の一つですが、私達の肌の一番外側の角質層と呼ばれるところに含まれています。

外部の刺激(乾燥や紫外線等)から守ったり、肌内部に含まれる水分の蒸発を防いだりと、とても重要な働きをする保湿成分なのですが、残念ながら加齢とともにこのセラミドは減少していき、バリア機能の低下お肌の乾燥といった症状を招いてしまいます。

ただ、幸いなことに、このセラミドは、化粧品等を経由して外側から補給することが出来るため、今では、多くの化粧品メーカーが、このセラミドを配合した美容液やクリームを販売するようになりました。

しかし、化粧品に含まれるセラミドにはいくつかの種類があって、私達の肌に含まれるセラミドと合っていないものもありますので、セラミド配合化粧品を選ぶ際には注意が必要です。

ここでは、再度、セラミドの役割についてご紹介していきたいと思います。

 

角質層に含まれるセラミド

↓↓↓の図は、表皮の一番外側にある「角質層」の構造と保湿の貢献度を表しています。

 

この角質層の厚さは、わずか0.02mm。サランラップほどの非常に薄い層なのですが、この層の役割はとても重要なんです。

バアリ機能(外気の乾燥や紫外線から守る)を担ったり、そのバリア機能を担う前提の「潤いを保つ」という重要な役割も担っています。

顔の場合、角質層は約20層の角質細胞が積み重なっています。その隙間を「セラミド」などを含んだ「角質細胞間脂質」がびったりと埋めています。

レンガ(角質細胞)が幾重にも重なっており、その隙間をセメント(セラミド)が埋めているようなイメージです。

このような構造をとることによって、「バリア機能」の働きを満たすと共に、肌の内部から湧き出る水分を蓄えておくということも可能になっています。

 

健康な角質層には、約20~30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になったものを「乾燥肌」と呼んでいるようです。

肌がつっぱるなどの自覚症状は、まさにお肌の乾燥状態。
乾燥状態にある肌は、その水分の量が10%にも満たない状態になっていることもありますから、角質層の水分がなくならように保湿をしてあげましょう。

失われつつある角質層の水分を補う。それが保湿の目的です。

 

 

セラミドは保湿の重要なカギ!

ここでは、角質層を構成している皮脂膜NMF細胞間脂質について簡単にご紹介します。

皮脂膜は水分を保つ大切な膜

汗腺から出る乳液状の液体と皮脂が混ざったものを皮脂膜といい、自らが作り出す保湿クリームとも言えます。皮脂膜は、肌の表面には必要なものであり、水分の蒸発を防ぐ大きな役割を持っています。

皮脂の量と水分の蒸発する量は、相反する関係にあるので、皮脂の量の多すぎも少なすぎもいけません。

皮脂の分泌が少ないと、肌がザラつきバリア機能も弱まります。多すぎると、脂っぽくベタつき、皮脂が刺激物質に変化して炎症を招き、ニキビの原因になることもあります。

皮脂は分泌が適量であるからこそ、肌の正常が保たれるんですね。

 

水分を蓄えるNMF(天然保湿因子)

NMF(天然保湿因子)は、角質内部のタンパク質から作られるものです。水分と一緒になることで角質層の保水を行います。

このNMF(天然保湿因子)の働きで、肌の弾力やハリが保たれていると言ってもいいので、角質層にしっかりと水分を与えることは、ハリや弾力のある肌をキープするためには欠かせません。

 

肌バリアとして重要な細胞間脂質の役割

細胞間脂質は、角質細胞との連携が需要な役割を果たします。

角質細胞は、細胞間脂質がなければ肌の水分の蒸発を防ぐことができません。二つの役割が水分の蒸発を最適化することで、外部刺激に強い肌になります。

 

注意しておきたいのが、角質層内の水分のうちの80%以上はセラミドなどで構成された細胞間脂質だということ。つまり、セラミドなどの角質細胞間脂質が、肌の水分を守る最大のカギとなります。

セラミドをたっぷり含んだ肌は、潤いに満ちています。赤ちゃんの肌って潤いたっぷりのプルプルお肌ですよね。実はこれって、大人の肌に比べてセラミドの量が豊富だからです。

 

 

セラミドはどこでどうやって生成される?

では、このセラミドは、どこでどうやって生成されるのでしょうか?

一言で言うと、セラミドは、ターンオーバーの過程で生成されます。(ターンオーバーの詳細は、こちらを参照して下さい)

新しい表皮細胞は、一番奥の基底層で生まれます。この表皮細胞がターンオーバーの過程で徐々に上の層へ上がっていくわけですが、その過程でセラミドが生成されると言われています。

つまり、セラミドをしっかり作り出すには、ターンオーバーが重要なカギを握っています。

しかし、加齢不規則な生活習慣等によって、このターンオーバーの周期が乱れてしまうと、セラミドがうまく生成されなくなってしまいます。

年齢を重ねるに従い、このターンオーバーの周期は徐々に乱れてきます。肌がカサついたり乾燥を感じるようになるのも、このセラミド不足が一因と言えるでしょう。

 

 

セラミド配合化粧品をおすすめしたい方

レンガにあたる角質細胞。健康な肌は、レンガ壁のように綺麗に並んだ構造をしています。

しかし、ターンオーバーの乱れなどで綺麗に並んだ構造が崩れてしまうと、外からの刺激(紫外線や乾燥など)を受けやすくなると同時に、内部からの水分が抜けやすくなり、乾燥しやすい肌敏感肌になってしまいます。

敏感肌乾燥肌の方は、こういった肌のメカニズムを整える保湿をすることが、保湿クリームなどを選ぶポイントになります。

 

 

セラミドを出来るだけ減らさない対策法

化粧品を使用して外側からセラミドを補充すること以外にも、気をつけておきたいことがあります。

ここでは、日常生活において「セラミドを減らさないお役だち情報」をお届けしたいと思います。

1.食べ物でセラミドは補える?

グルコシルセラミド」という言葉をお聞きになったことはありますか?

私達のお肌の角質層に含まれるセラミドとは少し違い、セラミドが角質層に含まれる前のセラミドの原料となっているのが、このグルコシルセラミド

そして、このグルコシルセラミドは、食べ物から摂取することが可能で、米、小麦、大豆、こんにゃくんなどに含まれます。

ただ、お肌に良い影響を与えると言われる摂取量は、1日600μg(マイクログラム)。これを白米に換算すると、お茶碗25杯分、芋こんにゃくで100gにもなりとても現実的とは言えません。

そこで注目したいのがサプリメント。

最近では、このグルコシルセラミドを配合したサプリメントも登場してきていますので、うまく活用していきたいですね。

 

2.クレンジングと洗顔にも気をつけよう!

メイクを落とすためのグレンジング。そして、汚れや余分な皮脂を落とすための洗顔

スキンケアはまず、これらのクレンジングと洗顔から始まりますが、やり方を間違えるとセラミドまでも流してしまい減らしてしまう場合があるので要注意です。

クレンジング料に含まれているのが、界面活性剤。しかも、最近のメイクは崩れにくくなってきているため、クレンジング料も強力なものが含まれる傾向にあります。

界面活性剤を多く含むクレンジング剤は、肌には好ましくないので、

  • 肌を強くこすらない
  • 長時間のせておかない
  • クレンジングにかける時間は40秒から1分ほどに

を守りましょう。

洗顔も同じです。こすらない、時間をかけない、をしっかり守って!

出来るだけ肌に優しいクレンジング料と洗顔料で、出来るだけ肌に刺激を与えない方法(適度な時間・適度な回数)を心がけ、セラミドを減らさないようにしましょう。

 

3.入浴方法にも工夫を!

セラミドを減らさない入浴のポイントは、温度と身体の洗い方です。

熱いお湯は、お肌をふやかしセラミドを流出させてしまいかねないので、お湯の温度は38~39度くらいの温めが良いでしょう。

また、身体をゴシゴシ洗うのも良くありません。洗顔同様、ボディーソープを良く泡立てて優しく!を忘れずに。

入浴後の保湿も忘れないようにしましょう。入浴後は肌が乾燥しやすいので、タオルなどで拭き取ったら直ぐに保湿対策を!

4.紫外線対策も忘れずに!

紫外線対策を怠ったり万全でないと、お肌のバリア機能の低下を招いてしまい肌トラブルの原因に!

曇っているから大丈夫なんて思わないで、外出の際は万全な紫外線対策を心がけましょう。

5.睡眠とセラミドの関係

睡眠不足が肌荒れを招いてしまうというのは、既に多くの方が体験済ではないでしょうか?

睡眠不足不規則な睡眠時間は、お肌のターンオーバーを狂わせセラミドの産生にも影響を与えます。

特に22:00から2:00は、お肌のシンデレラタイムと呼ばれ、成長ホルモンが多く分泌される時間帯。規則的な就寝時刻と快適睡眠で、お肌のターンオーバーをしっかり整えていきたいですね。

6.運動による代謝アップも忘れずに

ジョギングなどの適度な運動は、血行やリンパの流れをよくして新陳代謝を促してくれます。新陳代謝の活性化は、お肌のターンオーバーにも良い影響を与え、ひいてはセラミドの産生を促すことに!

とはいっても、定期的なジョギングを取り入れるのが難しいという方は、日頃から少しでも身体を動かすことを心がけましょう。

出来るだけ歩く、ちょっと早めに歩く、階段を使うなど、ちょっとした工夫が代謝アップに繋がります。

7.その他

喫煙がもたらす血行不良。結果的には、ターンオーバーに悪影響を与えてしまいます。

身体の冷えも血行不良をもたらしてしまいます。

 

まとめ

以上のように、様々な細胞のメカニズムで、正常な肌は保たれていると言えます。また、天然の保湿クリームと言われる皮脂膜は、水分の蒸発を抑える役割があります。

肌のメカニズムでは、加齢や生活習慣の乱れなどで、肌そのものが持つ細胞が正常に働かなくなり、バリア機能の低下や内部からの水分を保持できなくなり乾燥を招く肌に陥ってしまうことが分かっていただけたと思います。

元々肌が弱い方だけではなく、年齢を重ねた肌は肌自体の新陳代謝が影響していることも乾燥肌敏感肌などの原因になります。

セラミド配合の保湿用クリームは、ただ肌にうるおいを与えるだけではなく、角質層に潤いを与え肌本来の強さも高めることが期待できます。

柔らかく、ハリ・弾力のある肌を保つメカニズムを知ることで、肌の持つ強さを活かした保湿を目指して欲しいと思います。

同時に、セラミドを減らさない対策も欠かせません。クレンジングや洗顔でセラミドを流出させていませんか?入浴方法にも気を使いましょう。睡眠や運動は?

外部からセラミドを補充するだけでなく、減らさない工夫も欠かせません。

自分の肌にピッタリと合うセラミド配合の化粧品に加えて、セラミドを減らさない生活習慣をプラスしましょう。そうした努力の先には、きっと「美肌」が待ち受けてくれることでしょう。

 

参考記事:

セラミド保湿クリームランキング5選。乾燥肌におすすめ!プチプラも厳選。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ